中学数学の基本から難問まで、解き方を分かりやすく解説

【中学数学】角の2等分と線分の比

スポンサーリンク


角の2等分と線分の比

知っておくと役に立つ以下の定理があります。

角の \(2\) 等分と線分の比

下図のように、角 \(A\) の \(2\) 等分線と、\(BC\) の交点を \(D\) とします。
このとき、\(BD:DC=AB:AC\)

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比1

一応、中学数学の範囲外なので、頻繁に出題されるものではありませんが、知っていることで有利になることもあります。極めて覚えやすい定理なので、覚えておいて損はありません。

角の2等分と線分の比の証明

下図のように、\(AD\) と平行な線分 \(EC\) を引きます。
いわゆるピラミッド型相似ができます。

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比2

また、平行線の錯角より、\(\angle DAC=\angle ECA\)
また、平行線の同位角より、\(\angle BAD=\angle AEC\)

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比3

このことから、三角形 \(ACE\) は、二等辺三角形です。
したがって、\(AC=AE=b\)

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比4

さて、ピラミッド型相似に注目しましょう。
\(BA:AE=a:b\) ですので、
\(BD:DC=a:b\) も成り立ちます。

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比5

以上で証明終了です。

中学数学の範囲外、と書きましたが、範囲外なのか範囲内なのかは曖昧です。

上の証明は、中学生でも容易に理解できるからです。
また、この定理の証明そのものが、誘導つきで出題されることもあります。

例題1

下の図において、\(AD\) は角 \(A\) の \(2\) 等分線です。
\(BD\) の長さを求めなさい。

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比 6

解説

角の \(2\) 等分と線分の比の性質を使うのみです。

\(BD:DC=9:6=3:2\) なので、

\(BD=10×\displaystyle \frac{3}{3+2}=6\)

以上、求まりました。

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比 7

例題2

下の図において、\(AD\) は角 \(A\) の \(2\) 等分線であり、\(BE\) は角 \(B\) の \(2\) 等分線です。
\(AF:FD\) を求めなさい。

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比 8

解説

角の \(2\) 等分があるので、線分の比が求められます。
角の \(2\) 等分と線分の比の性質を使いましょう。

角 \(A\) の\(2\) 等分線より、

\(BD:DC=10:8=5:4\)

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比 9

\(BD=13.5×\displaystyle \frac{5}{5+4}=7.5\)

次に、角 \(B\) の\(2\) 等分線より、

\(AF:FD=10:7.5=4:3\)

中学数学・高校受験chu-su- 角の2等分と線分の比 10

以上求まりました。

スポンサーリンク





高校入試数学・対策問題

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+




スポンサーリンク




高校入試数学・対策問題

PAGETOP
Copyright © 中学数学の無料学習サイト chu-su- All Rights Reserved.