中学数学の基本から難問まで、解き方を分かりやすく解説

【中学数学】代表値・最頻値

スポンサーリンク


代表値

資料の特徴を表す値を
代表値といいます。
平均値、最頻値、中央値
などがあります。

このページでは、「最頻値」について学習しましょう。

最頻値

最頻値は、資料の中でもっとも多くあらわれる値のことで、
モードともいいます。

例1

あるサッカーチームの \(1\) 試合の得点の記録

中学数学・高校受験chu-su- 資料の整理 最頻値1-2

このサッカーチームの \(1\) 試合の得点の最頻値は、
\(1\) 点です。
もっとも多くあらわれている値が最頻値です。
簡単ですね。

例2

ある野球チームの \(1\) 試合の得点の記録

中学数学・高校受験chu-su- 資料の整理 最頻値2-2

階級値を用います。
この野球チームの \(1\) 試合の得点は、
\(2~3\) 点が \(8\) 回
\(6~7\) 点が \(8\) 回
この \(2\) つが最も多くあらわれています。
最頻値が複数あってもかまいません。
この野球チームの \(1\) 試合の得点の最頻値は、
階級値を用いて
\(2.5\) 点と \(6.5\) 点です。

スポンサーリンク





中学1年数学の解説

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学1年数学の解説

PAGETOP
Copyright © 中学数学の無料学習サイト chu-su- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.