中学数学の基本から難問まで、解き方を分かりやすく解説

【中学数学】方程式の利用・数に関する問題

スポンサーリンク


例題1

ある数の \(5\) 倍から \(4\) をひいた数は、もとの数の \(2\) 倍に \(14\) を加えた数と等しい。
ある数を求めなさい。

解説

問題文を等式にします。
易しいので入門にちょうどいいでしょう。

解答例

ある数を \(x\) とすると
\(5x-4=2x+14\)
\(3x=18\)
\(x=6\)
よって、\(6\)

例題2

ある数から \(7\) をひいて \(2\) 倍した数と、ある数を \(4\) で割った数との和が \(67\) であるとき、ある数を求めなさい。

解説

問題文を等式にします。
易しいので入門にちょうどいいでしょう。

解答例

ある数を \(x\) とすると
\(2(x-7)+\displaystyle \frac{x}{4}=67\)

\(2x-14+\displaystyle \frac{x}{4}=67\)

\(\displaystyle \frac{9x}{4}=81\)

\(x=36\)
よって、\(36\)

スポンサーリンク





  • 次のページ 方程式の利用・過不足
  • 前のページ 方程式の利用・代金と個数
  • 中学1年数学の解説

    • Facebook
    • Hatena
    • twitter
    • Google+

    中学1年数学の解説

    PAGETOP
    Copyright © 中学数学の無料学習サイト chu-su- All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.